富山名産 鱒の寿し

越中富山といえば「鱒の寿し」
かつては駅弁として親しまれていましたが
現在は富山の美味の筆頭として全国に知られております。

高田屋は明治5年創業
当時は店舗傍に神通川の流れがあり、いくつかの鱒寿し店が軒を並べておりました。

現在、川の流れは変わってしまいましたが、
当時からの鱒寿し店がいくつか残っております。
時代を越えて、世代を越えて愛されてきた鱒の寿し
富山に住む人々に育てられ、創り上げられてきた
高田屋の鱒の寿しを是非お楽しみください。

高田屋の鱒の寿し




厚く切った鱒から染み出る旨味
魚の強い旨味を吸出し、「鱒の寿し」独自の風味を醸し出すためには
寿司飯の仕上がりが重要になってきます。

米はとてもデリケートな食材です。
水加減、湿度、気温などの様々な条件によって炊き上がりが大きく変わってきます。
鱒の寿しであるがための炊きあがり、
これは永きに渡る伝統の技の一つです。

鱒の個性、米の仕上がり、その日の様々な条件と向き合いながら
一つ一つ手作りで日々精進いたしております。